転職実践

「早く転職しておけばよかった。」行動することから逃げていませんか?

転職実践アイキャッチ

転職希望者

今の職場に不満があるけど転職はまだ早いと思っている。

転職希望者
20代のスキルや経験が無いうちに転職しても失敗するに決まっている。

この記事で分かること
  1. 20代のうちに転職した人で、後悔している人は〇〇%
  2. 早く転職しておけば良かった・・・と後悔しないために今すぐ確認すべき2つのこと
  3. 20代で2回転職を成功させた筆者が考える「転職を失敗させないために抑えるべきコツ」
筆者

これを書いているのは・・
都内の大企業で総合職として働いているアラサーOL

★転職エージェントを利用して2度の転職を経験
★業務の8割は英語でのコミュニケーション

今の会社から早く抜け出したい!という気持ちと、まだ数年しか働いていないのに今の自分が転職を成功させられるわけがない・・・という気持ち。


20代で2回の転職を経験した筆者にはよく分かります。


でも、5年後、10年後に「あの時早く転職しておけば良かった・・・!」という後悔だけは絶対したくないですよね?


そんな未来を避けるために、転職するにもしないにも「どうすれば自分の決断を信じられるのか」押さえるべきポイントをお伝えします。

早く転職しておけば良かったと感じる人は多い!

まず、こんなことなら早く転職しておけば良かった!と感じている人は非常に多いです!

20代で2回転職を経験した筆者もその一人。

転職希望者

スキルや経験が少ない20代のうちに転職してもうまくいかないのでは?



こう感じている20代も多いと思います。

しかし筆者は1回目の転職(社会人2年目)でパワハラから解放され、年間休日が10日増え、2回目の転職で年収300万円アップを達成しました。



こんな経験をした筆者からすると20代での転職はメリットしかありませんでした。

筆者が実際に年収300万円アップを成功させた転職エージェント公式HPはこちら。

>>転職エージェント公式HPはこちらをクリック<<

無料で転職サービスを受けられるので、忙しくて自分ひとりで転職準備をする時間がない人は登録しておくと良いと思います。

早く転職して良かったと思う人はほんの一部?

転職希望者

休日が増えたのも、年収が上がったのもラッキーだったからでしょ。

転職希望者

そんな人はほんの一部。もっと慎重に行かないと転職に失敗するよ!





一歩立ち止まって考えられるあなたは優秀です!その冷静さも転職を成功させるには必要。


しかし過半数以上の転職経験者が「転職して良かった!」と感じており、今より状況が悪くなったと感じる人は全体の1割程度です。



厚生労働省の「令和2年 転職者実態調査の概況」によるデータでは、転職者の53.4%が「転職先の会社に満足している」と回答しています。

「不満足」と回答したのは全体の11.4%。




全体の半分以上は転職を成功させており、失敗したと感じているのは全体の1割。


すごく満足しているわけではないけど、まぁ失敗ではないという人が残りの人。といった所です。





半分成功。1割失敗。



今ツライ状況が続いているのであれば、思い切って転職にチャレンジしてみるのも悪い勝負ではないと感じませんか?

転職で後悔しないために対策を重ねれば、さらに失敗の確率は下がります。

転職しておけば良かったと後悔しないために今確認すべきこと

あの時転職しておけばよかった!と後悔しないために、今から確認しておくべきポイントがいくつかあります。

今の状態が続くと3年後はどうなっているか?5年後は?10年後は?そこに理想の自分がいるか。

今の仕事を続けて身に付くスキルや、転職に有利になる経験が得られるか。

この質問に「NO」と答えが出てしまう人は、数年後に「あの時転職しておけば良かった・・」と後悔してしまう確率が高いです。

そうならない為にも、転職の準備だけでも始めることにより一歩踏み出しましょう。

「転職活動を始めるなら転職しなければならない。」と思い込んでいる人もいますが、そうではありません。



「今は転職する気はないけどいつか・・」と考えている人だって転職活動をしてみたっていいのです!


やっぱり今の会社で良いかも?という新しい感情が生まれるかもしれませんし、こんな転職の可能性があるならすぐに転職しよう!となるかもしれません。

職務経歴書を作成してみることで、自分の業務の棚卸が出来ます。

そこで足りないスキルや、この経験をもっと伸ばせば武器にできるのでは?と見えてくるものもあります。



実際に転職する決意が出来た時に、スムーズにスタートを切ることもできます。

ちょっと気になってきた人は、次の「20代で転職することのメリット」も確認してみてください。

20代での転職は圧倒的にメリットが多い!

筆者は20代での転職を2回成功させましたが、早いうちに転職することは圧倒的にメリットが多いです!

デメリットもお伝えしたいのですが、正直筆者はほぼ感じなかったというのが正直な所です。

そして30代になると「早いうちに転職しておいて良かった・・!」と感じることもしばしば。

筆者が実際に感じたメリットはこちらです。1つずつ解説していきます。

  1. 未経験転職にチャレンジできる
  2. 結局今が一番行動しやすい
  3. 早いうちに視野を広げることができる

【早めに転職するメリット①】未経験転職にチャレンジできる

20代のうちに転職するメリット1つ目は、「未経験転職にチャレンジできる!」です。

未経験転職にチャレンジできるのは20代のうちと言われています。

これは転職を2回経験した筆者も書類選考や面接を受ける中で同じ感覚を持ちました。

未経験転職とは、全く違う業界・全く違う職種に転職するということです。


未経験転職=ポテンシャル採用、です。



やはり30代以上になるとポテンシャルだけで採用するというのは企業にとってもリスクがありますし、あまりそういう採用の仕方をする意味がありません。


30代以上には「経験」や「実績」が求められます。


違う業界に転職するとしても、前職と同じ職種の「営業」として採用されるなど何かしら即戦力として活かせるスキルが無いとまず採用されないでしょう。



一方で20代はポテンシャル採用のチャンスがあります!



企業も応募者の人柄や、熱意をみて「まだ若いし、可能性にかけてみる価値がある!」と判断できるのです。

ずるずると転職を引き延ばしにして、未経験転職のチャンスを逃すのはあまりにもモッタイナイ!

【早めに転職するメリット②】結局今が一番行動しやすい

20代のうちに転職するメリット2つ目は、「結局今が一番行動しやすい」です。


20代も後半になってくると、結婚や出産というライフイベントが待っています。

転職希望者

転職して1年くらいは仕事に慣れるのに大変だろうし、結婚式の準備と両立できるかな・・

転職希望者

出産を考えてるけど、転職してすぐ妊娠したら会社に迷惑かな・・・

転職希望者

転職して勤務地が変わったら、子供も転校させないと。かわいそうかな・・

あとから振り返ってみると、結局独身で何にも縛られない「20代の今」が何でも挑戦できるまたとないチャンスなのです!

【早めに転職するメリット③】早いうちに視野を広げることができる

転職すると、今まで同じ会社に何年も勤めていても見えなかった新しい気づきがたくさんあります。



体育会系の企業では上司・先輩との上下関係が絶対だったのに、転職すると社長から新入社員までフラットな関係で話せる環境になった。



残業している人が頑張っているという評価をされていたのに、転職すると残業時間は厳しく管理されており定時内に仕事を終わらせる人が評価される。

転職希望者

前の会社で覚えた社会の常識は一体何だったんだ・・・・!

このようにカルチャーショックを覚える人も多いです。


筆者も上下関係が厳しい前の会社から転職した際、「あぁ、あんなに会社の人に気を遣う必要は無かったんだな・・」と気持ちが楽になったのを覚えています。

世の中には色んな会社や働き方がある!



これを身を持って実感できると、働きやすく、生きやすくなります。

もし2回目、3回目の転職を考えることがあれば、その時「次はこういう会社が良いな」と柔軟な視野で会社選びができます。

転職で失敗しないために事前に抑えるべきポイント

とはいえ、転職で失敗して今より悪い状況になるのが恐い・・・


メリットは分かっていてもやっぱり転職が恐い人は、転職で失敗しないためにやっておくべきことを完璧に抑えましょう!

筆者も新卒でブラック企業に勤めていた時、万が一転職に失敗したらもう後が無い・・・ととても恐い気持ちに襲われました。

しかし、ある程度対策をしっかりすればブラック企業を引き当てる確率はかなり下げられるので安心してください。




転職で失敗しないためにやっておくべきこと・・それは「どこをを失敗すると自分が一番後悔するか」にしっかりと向き合うことです。

そしてそれに合わせた適切な対策をとること!



ぼやっと何が不安なのかはっきりさせずに漠然と「転職こわい・・・」と震えている状態だと一歩踏み出すことができません。


転職希望者はどんな不安をもって恐いと感じるのか、その対策も1つずつ以下の記事に書きましたので不安を軽くしたい人はチェックしてみてください。

まとめ:転職しておけば良かった・・とならないために!20代の転職はメリットが多いのでチャレンジすべき!

あの時転職しておけばよかった・・・と後悔したくない人は、20代のメリットを活かし早めに転職にチャレンジすることをおススメします!


20代での転職は早いかな?良い転職にならないのでは?と直観的に感じる人も多いと思います。

しかし実際に転職を経験してみて分かったのですが、デメリットはあまりありません。




つらい今の環境に耐え、20代の貴重な時間を食いつぶして今の会社にしがみついても、それこそ時間のムダです。

今すぐ転職する気がなくてもいつかは・・と思っている人は転職エージェントに登録してみましょう。

転職する!と決意してから準備を始めると意外と時間がかかってしまいます。

今の会社の何が不満なのか、どういう条件が最優先なのか・・・



エージェント担当と相談する中で見えてくるものがあります。

転職エージェントのサービス内容(全て無料です)

  • 登録時の初回面談 (30分~1時間程度)
  • 面談時ヒアリングした条件に合致した求人紹介
  • 職務経歴書の添削
  • 選考の調整(面接時間、場所など)
  • 選考に進んだ企業へのがさ入れ(募集の背景、求める人材の特徴など)
  • 面接練習(電話にて模擬面接)
  • 面接後の企業へのケア(本人の入社意志はかたいです!と一押ししてもらったり)
  • 内定が出た際の企業との調整(内定を受けるか、入社時期はどうするか)
  • 現職への退職の伝え方、調整の仕方(まず誰に言うか、どのように伝えるか)




実際に転職活動を始めてみることで、今の仕事を俯瞰して見ることもできるので少し気持ちもラクになります。

こっちは転職活動も始めてるんだぞ・・!と少し強気になれます。笑

↓いま一度、この質問に「NO」の答えが出てしまう人は、一度転職活動を始めてみることをおススメします。

今の状態が続くと3年後はどうなっているか?5年後は?10年後は?そこに理想の自分がいるか。

今の仕事を続けて身に付くスキルや、転職に有利になる経験が得られるか。

筆者が実際に大手企業に内定をもらった転職エージェント

>>転職エージェント公式HPはこちらをクリック<<

word:早く転職しておけばよかった

ABOUT ME
さぱん
都内総合職勤務OL & 1児子育て中の筆者です。 一生勤めるつもりで新卒入社した会社を1年でやめることになり絶望。 その後2回の転職をへて1社目より好条件の一部上場企業へ入社できました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA